南アルプス 北岳テント泊登山

北岳

2018年10月7日~8日で南アルプスの北岳にテント泊一泊二日で登山してきました。

前回の雲ノ平から黒部五郎岳の縦走では3日で27時間ほど歩いて楽しさと辛さが同じくらいだったので、今回は一番つらくないルートを選びました。スタート時間も極力早くして時間にゆとりのある登山にしようと。とは言っても富士山に次いで二番目に高い山、楽ではないですが…

  • 芦安駐車場↓
  • 広河原バスターミナル↓
  • 大樺沢二俣↓
  • 小太郎尾根分岐↓
  • 北岳肩の小屋↓
  • 北岳山頂

マイカーで芦安駐車場に5時過ぎに到着しました。第4駐車場に止められました。第1~第3まではすでにいっぱいです。そこから広河原バスターミナルまで乗り合いタクシーで45分ほどで到着。広河原は仙丈ケ岳等へ行く北沢峠への乗り換え地点でもありバスも登山客も続々と。ここでトイレ等準備を済ませて出発です。

今回の登山ルートは上の地図の緑線です。八本歯コルのルートではハシゴが連続したり危険な場所もあると言うので、今回は右俣コースを使って小太郎尾根分岐に出て稜線を歩いて北岳へ向か売コースです。

広河原バスターミナルを出てすぐに広河原ヒュッテがあります。ここで入山届を提出しました。

まずは大樺沢コースで大樺沢二俣を目指します。いよいよ南アルプス北岳登山のスタートでわくわくします。

他の山では登り始め特有の木が覆い茂った暗い感じはなく、登り始めから素晴らしい景色です。沢の横や紅葉の中を歩いていきます。

大樺沢二俣にはトイレがあり皆ここで休憩しています。ここで八本歯コルコースと右俣コースと別れます。

ここからの上りがきかったです。

小太郎尾根分岐までくると甲斐駒ヶ岳や仙丈ケ岳を見ながら素晴らしい稜線歩きができました。

北岳肩の小屋に到着しました。心配していたテント場も空いていて平らな場所にテントが張れました。

今回のテントはアライテントのオニドーム2です。今までのメスナーより2.5㎏軽いので助かります。設営も簡単で土間も程よく言うことなしです。

オニドーム2の設営風景です

テントを張って、北岳肩の小屋へ行きカレーを食べました。3000mで絶景を見ながら食べるカレーは最高です。そして周辺をうろうろ歩いてのんびりを満喫しました。

今日はここでのんびり過ごし、明日の朝山頂へ行く予定でしたが、3時間ほど休んだら体力が回復したので山頂へ行ってみることにしました。空荷なので30分程度で行けそうです。

北岳山頂に到着です。なんてことでしょう。貸し切りです。そして絶景。来てよかったです。かなりのんびりしました。

北岳山頂をしばらく味わって肩の小屋に戻ります。戻るときも絶景です。

肩の小屋へ戻ってから日の入りを眺めてテントでのんびりしました。かなり冷え込んできました。

夜トイレへ行くときに空を見ると今まで見たこともない星空が見れました。凄すぎます。ただ寒さも凄いので、長くは見ていられませんでした。

朝方あまりにも寒くて起きてしまいました。ガスストーブをオニドームの土間で点けて暖をとり、ついでにコーンポタージュとパンで朝食一回目です。

奥様は昨日登頂しているので帰りの事を考えてテントで寝ているようです。自分は2度目の山頂へ向かいます。

朝の山頂も違った良さがありました。しばらくぼーっとして時間を忘れてしまいました。

テントに戻って二度目の朝食です。そして後ろ髪魅かれながら下山します。

帰りも快晴で素晴らしい景色でした。今回は時間にゆとりがあったので登山と時間を味わう事が出来ました。また少し山の良さがわかった気がします。

今回の登山の動画をYouTubeにアップしています。

北岳登山情報

  • テント場:北岳肩の小屋 1人700円
  • 芦安駐車場から広河原登山口までの乗り合いタクシー:1人1200円
  • 北岳登山駐車場:市営芦安駐車場(無料)中央道甲府昭和ICから約30分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です