北アルプス縦走 テント泊2拍3日 折立~雲ノ平~三俣~黒部五郎岳~折立

黒部五郎岳

2018年8月11日~14日

登山するまでが大変

連休を利用して二泊三日で登山を計画しました。今回は憧れの黒持部五郎岳に登ります。いろいろ調べてみると雲ノ平や三俣を廻って縦走するコースがあったので知人の山岳ガイドに聞いてみました。泊数と距離と考えてくれて、「一日目に雲ノ平まで行かないとその予定では難しい」と。「そのためには折立に夜のうちに行って前泊しないと朝出るのが遅くなって雲ノ平まで行けない」という事でした。

どうやら登山口である折立の駐車場は朝は激戦で並ばないと入れなく、少しでも遅いと駐車場に入れられず路駐しなくてはいけないそうだ。それもできず他の山へ行った方もいる話を聞いた。

しかも折立は有峰林道を通行しないと行けず、その有峰林道は「20:00~6:00までの夜間、道路交通法に基づく車両の通行の禁止規制がされています」なのだ。折立キャンプ場(登山口の横にあるキャンプ場(所要時間約40分)まで行く場合…19:20までまでに亀谷料金所を通らなければいけない。という事は夜中についてもだめで、余裕をもって19時には亀谷料金所に着かないとです。

休みに余裕があるなら5泊くらいしてのんびりできそうですが、休みには限りがあります。この計画で行くしかなさそうです。

結局前泊を含めると3泊4日の工程になりました。

  • 前泊ー折立キャンプ場
  • 1泊目ー雲ノ平キャンプ場
  • 2泊目ー雲ノ平小屋キャンプ場
黒部五郎岳ルート
今回のルート

東京から亀谷ゲートまで高速道路を使って通常5時間程度です。しかしお盆の時期、はたしてどのくらいで行けるのか。難関が計画中から次々とです。

余裕を持って10時に自宅を出ました。中央道が激混みで使えず、関越からぐるっと回って富山まで行き、そこから有峰林道へ。

関越道から富山に向かいます
関越道から富山に向かいます
有峰林道
有峰林道

結果亀谷料金所を通ったのが19時10分頃でした。ギリギリ(笑)富山まで来たので日本海で美味しいものでもと考えていましたが、、、。

何とか亀谷料金所を通過し、折立キャンプ場に到着。明日は11時間以上歩く予定です。テントを張ってすぐ寝ました。

キャンプ場はトイレも綺麗でした。快適でぐっすり眠れて4時半に出発。いよいよ山旅の始まりです。

折立から太郎平小屋

この区間はなだらかな上りです。なだらかな登りでも距離があるので結構疲れます。テント泊縦走装備のザックがきついです。樹林帯を抜けると北アルプスの裏の雰囲気が出てきます。開けた景色と歩きやすい道。気持ちの良い道を歩いていくと太郎平です。ここの太郎平小屋でトイレ休憩をしました。

折立登山口
折立登山口
折立登山口から太郎坂を上る
折立登山口から太郎坂を上る
太郎平
太郎平になると気持ちいい道
太郎平
太郎平小屋が見えてきた
太郎平小屋
太郎平小屋

太郎平は薬師岳の分岐にあります。薬師峠キャンプ場も近くにありそこで1泊して薬師岳に登のも贅沢ですね。

先を急いで分岐を雲ノ平方面へ。次の休憩ポイントは薬師沢小屋です。

雲ノ平方面へ
右へ行くと北ノ俣岳、黒部五郎岳、左で雲ノ平方面へ

太郎平小屋から薬師沢小屋

この区間はほぼ下りです。歩きやすい秘境感万歳の程よく開けた素敵な道が続きます。山の中にいるなあと実感します。ただ、ちょっと下りすぎじゃないかい?というほど下ります。薬師沢から雲ノ平までの上りが半端じゃないというのを聞いていたので、下りれば下りるほどゾッとしてきます。

薬師沢に向けて降下中
薬師沢に向けて降下中
薬師沢手前の自然を味わえる道
薬師沢手前の自然を味わえる道

薬師沢小屋から雲ノ平

下り切ったところに薬師沢小屋があり、そこで昼食にカップ麺を食べました。綺麗な渓流です。

薬師沢小屋
薬師沢小屋
昼食にカップ麺
昼食にカップ麺
薬師沢を渡る
薬師沢を渡る
薬師沢
薬師沢に出てここから急登

そしてここからが今回最大の難関、「北アルプス三大急登」の一つと言われているそうですが、強烈な上り続きです。ひたすら急登。長い長い、とても長く感じました。

高天原温泉(たかまがはらおんせん)
高天原温泉(たかまがはらおんせん)
雲ノ平へ向け右に上がります
雲ノ平へ向け右に上がります

そしてなだらかな「平」に出て少し行くと雲ノ平の入口、アラスカ園に着きました。アラスカ園と言っても何があるわけでないです。開けた気持ちの良い道が続きます。気持ちよいのと、朝から登り下り登りとボロボロなので、早く雲ノ平キャンプ場に着きたいという思いが混ざっています。

アラスカ園
アラスカ園
雲ノ平周辺の道
雲ノ平周辺の道
雲ノ平周辺の道
雲ノ平周辺の道
雲ノ平周辺の道
雲ノ平周辺の道

雲ノ平キャンプ場でテント泊

やっとのことで雲ノ平に着きました。キャンプ場の受付を済ませテント場へ行きます。テントを張る場所がほとんどなく、張る場所がない人は区画外に張っています。うろうろしていると「もう張る場所ないからそこに張っちゃいな」とベテランさんが声をかけてくれました。隣に張らしてもらい寝床を確保です。そして周りにいた方々と今日の登山のはなしやらで楽しく過ごしました。

雲ノ平小屋へ到着
雲ノ平小屋へ到着
雲ノ平小屋へ到着
雲ノ平小屋へ到着
雲ノ平キャンプ場が見えてきました
雲ノ平キャンプ場が見えてきました
雲ノ平キャンプ場
雲ノ平キャンプ場

夜かなりの雨が降りテント内がびしょびしょになってしまいましたが、疲れ果てているので爆睡です。

いつか時間にゆとりができた日数を増やしてここの近くの天然温泉「高天原温泉」に行きたいです。

雲ノ平から三俣山荘

二日目は歩行時間が5時間程なのでのんびり7時に起きました。朝から雨が降っています。18年物のメスナーテントが雨で重くなっています。ただゆっくり休めたおかげで身も心もリフレッシュ。レインウェアが新しいせいか雨でもまったく苦になりません。ミズノの安くて高性能で評判なやつです。

黒部五郎岳小屋へ向けて出発
黒部五郎岳小屋へ向けて出発

ガスで景色が見えませんが、良い道です。チングルマが咲き誇っていました。

チングルマがたくさん
チングルマがたくさん
三俣の下の方
三俣の下の方
黒部の現流域
黒部の現流域

三俣山荘に着きカレーを食べました。「なにこれ!!めちゃくちゃ美味しいじゃん」声に出してしまうほどおいしいカレーでした。ここのテント場は広く、整備されているのでここにも泊まりたいです。

三俣山荘
三俣山荘
三俣山荘の是絶品カレー
三俣山荘の是絶品カレー
三俣山荘のテント場
三俣山荘のテント場を通って黒部五郎岳方面へ

三俣山荘から黒部五郎岳小屋

今日は黒部五郎岳小屋でテント泊です。雨も上がり黒部五郎岳小屋の赤い屋根が見えてきました。二日目はそれほどの疲れもなくのんびり山歩きを楽しめました。

一緒になった女性ソロ登山者
一緒になった女性ソロ登山者
まだ雪渓があった
まだ雪渓があった
まだ雪渓があった
まだ雪渓があった
晴れてたら絶景なんでしょう
晴れてたら絶景なんでしょう
黒部五郎岳小屋が見えてきた
黒部五郎岳小屋が見えてきた
黒部五郎岳小屋が見えてきた
黒部五郎岳小屋が見えてきた

テント泊の受付をしてテント場へ。まだまだ空いています。よかった。平らな所で寝れる。雲ノ平では背中がデコボコだったので。

黒部五郎岳小屋
黒部五郎岳小屋
黒部五郎岳小屋テント場
黒部五郎岳小屋テント場
マイテント
良い場所に張れた
登山飯
たらこパスタ美味しかった

今日寝ると明日は折立まで行き自宅へ帰ります。この旅も終わりに近いです。帰りたくないですね(笑)

黒部五郎岳小屋から黒部五郎岳山頂

今日は12時間ほど歩く予定です。暗いうちにヘッドライトを点けて出発です。黒部五郎カールルートといルートで山頂へ向かいます。

黒部五郎岳カールコース
黒部五郎岳カールコース

今日は天気が良いです。明るくなって景色が素晴らしいです。稜線に出ると絶景が広がっていました。「来てよかった」

黒部五郎岳カールコース
黒部五郎岳が見えた
黒部五郎岳カールコース
今日は天気が良さそう
黒部五郎岳カールコース
黒部五郎岳カールコース
黒部五郎岳
黒部五郎岳
黒部五郎岳カール
黒部五郎岳カール
帰りに通る北ノ俣岳方面の稜線
帰りに通る北ノ俣岳方面の稜線
黒部五郎岳までもう少し
黒部五郎岳までもう少し
帰りに通る北ノ俣岳方面の稜線
帰りに通る北ノ俣岳方面の稜線

黒部五郎ノ肩にザックをデポして空荷で登頂しました。記念撮影をして少し山頂を味わいました。

黒部五郎岳ノ肩
黒部五郎岳ノ肩
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂
黒部五郎岳山頂

黒部五郎岳から折立

後は折立までひたすら歩きます。しかしここからも絶景で良い道が続きそうなので楽しみです。

北ノ俣岳を通り太郎平、折立へ
北ノ俣岳を通り太郎平、折立へ
北ノ俣岳を通り太郎平、折立へ
北ノ俣岳を通り太郎平、折立へ
北ノ俣岳を通り太郎平、折立へ
北ノ俣岳を通り太郎平、折立へ
北ノ俣岳
北ノ俣岳

長い長い道です。

ずっと良い道なので、疲れますが気分は良いです。

太ロード
太ロード
太郎平小屋が見えてきた
太郎平小屋が見えてきた

何とか太郎平小屋まで戻ってきました。ここでカレーとラーメンを食べました。もう動きたくないです。ここから折立まで3時間です。かなりしんどいです。

太郎平小屋でカレーとラーメン
太郎平小屋でカレーとラーメン
太郎坂で折立へ
太郎坂で折立へ

なんとか折立まで戻しました。

折立に戻りました
折立に戻りました

感想

距離が長く疲れました。しかし念願の黒部五郎岳を登れ、裏北アルプスを歩けたので充分満足です。ごつごつした岩山も良いですが、自分はやっぱり緑と水となだらかな山道、黒部の現流域、最高でした。欲を言ったらきりがないですがこのルートを堪能するには5泊は必要かもですね。

仕事頑張ってまたこよ。

YouTubeに動画をアップしているのでよかったらご視聴ください。

折立駐車場

登山口、駐車場:折立キャンプ場(無料)

2 Replies to “北アルプス縦走 テント泊2拍3日 折立~雲ノ平~三俣~黒部五郎岳~折立”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です